ワンダースワンの「FRONT MISSION」をスマホ/iPhoneで

ワンダースワン

『FRONT MISSION』(フロントミッション)は、土田俊郎らを中心としたジークラフトが開発し、1995年2月24日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。

ジャンルはシミュレーションRPG。

フロントミッションシリーズの第1作。

腕(左右)、胴体、脚の4パーツからなるヴァンツァーとよばれる人型汎用兵器をセットアップしながら各ステージをクリアしていくシミュレーションRPGとなっている。

2002年7月12日には、「スクウェア マスターピース」シリーズの1つとしてワンダースワンカラー版が発売。

SFC版の忠実な移植だが、戦闘シーンが省略できる「簡略戦闘モード」や通信ケーブルを使った「対戦モード」などが追加されている。

なお、この作品はスクウェア最後のワンダースワン用ソフトでもある。

2003年10月23日には、『フロントミッションザ・ファースト』と改題された、様々な追加要素(後述)を含んだPlayStation版が発売。

2007年3月22日には、この『1ST』に追加要素を加えたニンテンドーDS版が発売された。

a テストあ gwhwhw

コメント