セガサターンの「大冒険 セントエルモスの奇跡」をスマホ/iPhoneで

『大冒険 セントエルモスの奇跡』(だいぼうけん セントエルモスのきせき)は、1996年4月19日に有限会社パイより発売されたセガサターン向けのシミュレーションRPGである。

セガサターンを代表するクソゲーのひとつとして名高く、『デスクリムゾン』が登場するまで『セガサターンマガジン』の読者評価ランキングでは最下位を独走していた。

その後も度々最下位を争い、「超魔海王」との通称が付けられた。

よって「このゲームを買うこと自体が大冒険だ!!!」とまで言われていた。

1997年4月18日にはソフトオフィスよりプレイステーション版として『大冒険デラックス 遥かなる海』が発売された。

コメント