セガサターンの「仙窟活龍大戦カオスシード」をスマホ/iPhoneで

『仙窟活龍大戦カオスシード』(せんくつかつりゅうたいせんカオスシード)は、1998年1月29日にネバーランドカンパニーより発売されたセガサターン用のゲームソフト。

ジャンルはダンジョン育成シミュレーションで、シミュレーション・アクション・RPG・アドベンチャーの要素を持つ。

キャラクターデザインは船戸明里で、おおつきべるのがイメージイラストを描いている。

また、1998年12月10日にサタコレとして再発売された。

1996年に発売されたスーパーファミコン用ソフト『カオスシード〜風水回廊記〜』の移植・改良版。

移植に伴って演出・メインシナリオ・チュートリアル・ヘルプが強化され、キャラクター・シナリオ・音声・会話イラストが追加された。

また、仙獣・アイテムなどの調整が図られ全体のバランスが改善されている。

ゲームの流れは、洞窟(ダンジョン)を掘り、仙獣(モンスター)を配置し、侵入者(役人であったり西欧RPG風の戦士であったりする)を撃退してダンジョンを運営、成長させていくのが基本となる。

作品世界は古代中国風の東洋ファンタジーで、五行思想や干支・風水などが設定として引用されている。

一方で侵入者として西洋ファンタジーベースのコンピュータRPGで定番の戦士・勇者などが配置されている。

コメント