セガサターンの「ラストブロンクス」をスマホ/iPhoneで

『LAST BRONX -東京番外地-』(ラストブロンクス とうきょうばんがいち)は、1996年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)がアーケードゲームとして発売した3Dタイプの対戦型格闘ゲームである。

本作は、架空の東京を舞台にストリートギャング同士が繰り広げる抗争を描いたものである。

プレイヤーキャラクターは各々が実在する格闘用の武器を手にしており、これを駆使して闘いを繰り広げる。

また、サブタイトルが示す通り、彼らの闘いの場となるステージも東京都内に実在する場所をモデルにしている。

開発はセガAM3研が担当。

アーケード版のハードウェアは、同社の格闘ゲーム『バーチャファイター2』と同じMODEL2を使用している。

コメント