PCエンジンの「PC原人」をスマホ/iPhoneで

PCエンジン

PC原人(ピーシーげんじん)は、小学館の『月刊PCエンジン』に連載されていた4コマ漫画を原作に1989年12月15日にハドソンから発売されたPCエンジン用アクションゲーム。

レッドカンパニー(現、レッド・エンタテインメント)とアトラスも製作に関わった。

PCエンジンでのアクションゲームで最大のヒットを記録し、のちにシリーズ化された。

2003年12月4日に、ハドソンセレクションの第3弾として3D化され発売。

2006年12月2日にWiiのバーチャルコンソールでダウンロード販売が開始され、2007年12月には携帯電話用ゲームアプリとして配信。

2010年に「Bonk: Brink of Extinction」が北米ハドソンによりXBox LIVE アーケード、Wiiウェア、PSN向けに発表、2013年12月25日にはWii Uのバーチャルコンソールでも配信。

タイトルの由来はPCエンジンをもじったダジャレだがPCの意味については、作中のロゴで「PithecanthropusComputerurus」(Pithecanthropusは猿人、Computerurusはコンピュータをもじった造語) と種別のようなものが書かれている。

「RPC原人」というRPGがPCエンジンで発売予定であったが、開発中止になった。

「究極PC原人」というアーケード版もカネコから発売される予定があったが、発売中止になった。

開発にはMTJこと三辻富貴朗が関わる。

『月刊PCエンジン』では、付録のCD-ROMで4コマ漫画が展開されていた。

a テストあ gwhwhw

コメント