PCエンジンの「ブレイングレイ」をスマホ/iPhoneで

PCエンジン

株式会社ブレイングレイは、かつて1980年代に存在していた日本のゲームメーカーである。

もともと光栄(現:コーエー)に在籍していた飯島健男(現:飯島多紀哉)を中心に新たに結成した会社で、社名の由来は推理小説のキャラクター名探偵ポワロの台詞「灰色の脳細胞が動いた」に由来する。

第1回作品『抜忍伝説』のヒットで一躍有名になる。

『ラストハルマゲドン』でゲーマーに衝撃を与えるが、その後、運営方針の違いから飯島が離脱する。

(「パンドラボックス」を参照)飯島の離脱後、ヒット作に恵まれず、自然消滅した。

2007年現在、著作権の所持は空白となっており、ゲームソフトの再配布は困難になっている。

a テストあ gwhwhw

コメント