PCエンジンの「パワーリーグ」をスマホ/iPhoneで

PCエンジン

『パワーリーグ』(POWER LEAGUE)は、1988年にハドソンから発売されたPCエンジン用野球ゲームおよびそのシリーズ。

長らく、PCエンジンを代表する野球ゲームとしてあり続けた。

以来1998年までに、家庭用ゲーム機において全13作を発売したが、その年を最後にハドソンは家庭用ゲーム機において新作の野球ゲームを出さないまま会社自体がコナミに吸収合併され消滅した。

ただし、2000年から2001年にはハドソンのトレーディングカードゲーム部門子会社未来蜂歌留多商会より「POWER LEAGUE〜夢のスタジアム〜」をリリースした。

2004年7月19日にiアプリ版を配信開始。

2006年にはインターネットポータルサイトi-revoにおいて初期の三作品がインターネットで配信開始。

2007年7月31日からパワーリーグ4がWiiのバーチャルコンソールで配信され、2009年9月16日にはゲームアーカイブスにも配信された。

2010年12月20日発売の『PC Engine GameBox』(iOS)にも収録されている。

北米においても、1988年に『World Class Baseball』、1995年に『Sporting News Baseball』が発売された(後述参照)。

続編がPCエンジン版では5作品、スーパーファミコン版では3作品出ている。

そのタイトルに振られるナンバー表記(年号が振られたPCエンジン版最終作を除く)については、PCエンジン版の2作目・3作目のみローマ数字であり、それ以外は全てアラビア数字である(ただし、タイトル画面については、PCエンジン版は一貫してローマ数字だった)。

a テストあ gwhwhw

コメント