PCエンジンの「パックランド」をスマホ/iPhoneで

PCエンジン

『パックランド』(PAC-LAND)は1984年8月にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が稼動を開始したアーケードゲーム。

それまでドットイートゲームとして開発されてきた『パックマン』シリーズとは異なり、純粋な横スクロールアクションゲームとして開発された。

迷子になった妖精をフェアリーの国まで連れて行き、無事に送り届けることが目的である。

キャッチフレーズの「不思議なことが当たり前」のとおり、進行と共に様々に変化する冒険心を感じさせる色彩豊かなステージや、パックマンのちょっとした行動に連動させた非常に多くの隠しフィーチャーを盛り込んでいるという点が特徴的である。

また、同社の名前を捩ったボーナス得点「7,650点」(ナムコ=765の意味)を作中で多用し、印象付けている点も特徴のひとつである。

a テストあ gwhwhw

コメント