メガドライブの「球界道中記」をスマホ/iPhoneで

メガドライブ

『球界道中記』(きゅうかいどうちゅうき)は、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス・ナムコレーベル)が1990年5月にリリースしたアーケード用野球ゲーム。

1991年にメガドライブ版も発売されている。

1987年のゲーム『妖怪道中記』(後にPCエンジン・ファミコン版も発売)との関連性は登場するキャラクター(選手)の造型が同作の主人公・たろすけをベースにしている点にあるが、ストーリー・設定面の関連性は皆無であり、一種のネタゲーに分類される。

ナムコの野球ゲームと言えばファミスタシリーズ、アーケードでは「プロ野球ワールドスタジアム」が著名であるが、本作はファミスタシリーズとはゲームシステムも異なり別個の作品として扱われている。

但し、球団名(実在する球団の変名)の多くやメガドライブ版に隠しチームとしてナムコスターズが登場するなどの共通点は存在する。

a テストあ gwhwhw

コメント