ゲームギアの「キネティックコネクション」をスマホ/iPhoneで

ゲームギア

キネティックコネクション(kinetic connection)は1986年にソニーがMSX2で発売したパズルゲーム。

同年11月にアイレムがファミリーコンピュータ ディスクシステムに「きね子」のタイトルで移植し、1991年にはセガ(後のセガゲームス)がゲームギアへ移植している。

ゲームデザインはSADATO TANEDA氏。

それ以前にドラゴンクエストIIIの英語版ローカライズを行っている。

(参照[1])現在は米カリフォルニア州でSANOVA Inc.社を経営しているようである。

(参照[2])a テストあ gwhwhw

コメント