ドリームキャストの「爆裂無敵 バンガイオー」をスマホ/iPhoneで

『爆裂無敵バンガイオー』(ばくれつむてきばんがいおー)は、1999年9月3日にESPから発売されたNINTENDO64用2Dシューティングゲーム。

開発元はトレジャー。

同年12月9日にはドリームキャストにも移植され、その際キャラクターデザインやシステムが一部変更された。

ソフトの売れ行きは芳しくなかったが、全方位攻撃の迫力や爽快感、トレジャーらしい堅実な作り、妙な世界観にファンも多い。

画面表現に奇妙な特徴があり、例えば他のゲームが「Push Start」「Option」「Entry Name」「Quit Game」「Game Over」などと表示するであろう場面で、一貫してそうした直接的な表記を避けている。

それらは独自のセンスを持った婉曲表現となっており、例に挙げたものは其々「勇気あるものだけがボタンを押してもいい」「男星公会堂」「ワタシと二人だけのヒミツの合言葉を決めよう」「途中なのに、やめるのか!?(Yesに相当する「ああ、やめんのさ!」を選択の際には、電子音の代わりに溜息のようなSEが鳴る)」「いいのよ兄さん、兄さんは負け犬なんかじゃ ない」などと表示される。

また、ステージタイトルなどにはエルドランシリーズの影響が感じられる。

2008年春、8年の時を経て、続編『バンガイオー魂』が発売、2011年5月には『バンガイオーHD』が配信された。

コメント