ドリームキャストの「デ・ジ・キャラット ファンタジー」をスマホ/iPhoneで

『デ・ジ・キャラット ファンタジー』はブロッコリーから2001年2月22日にPC専用として2万本限定で発売されたアドベンチャーゲーム。

後の2001年9月6日にドリームキャストで発売され、更に2003年11月20日にはプレイステーション2でデ・ジ・キャラット ファンタジー エクセレントが発売された。

なお、プレイステーション2版のみブラックゲマゲマ団が登場するシナリオが追加されている。

またDC版、PS2版には初回限定版も発売された。

他のデ・ジ・キャラット関連作品と異なり、デ・ジ・キャラットの性格がおとなしい物となっているが、これはオープニングで彼女が記憶を失ってしまうためである。

ただし、おまけの黒リボンルートでは、猫をかぶっただけのでじこ(他ルートに比べて表面上の口調はほぼ変わらないが、心の声も見られる)を連れることとなる。

本来、デ・ジ・キャラットのマルチメディア展開における先鋒的な役割を担う予定だったが、諸事情により発売が遅れた。

なお、2001年10月25日及び12月25日には、同名小説で菜の花こねこによる小説版が富士見ファンタジア文庫より上・下巻で発売された。

ゲーム版との顕著な相違点は、主人公(少年)、雛菊の父、グレッグは登場せず、主人公の代わりは全てうさだが担っている。

コメント