3DOの「白雪姫」をスマホ/iPhoneで

3DO

『白雪姫』(しらゆきひめ、低地ドイツ語:Schneewittchen、標準ドイツ語:Schneeweißchen)は、元々はドイツのヘッセン州バート・ヴィルドゥンゲンの民話とされている。

グリム兄弟の『グリム童話[[Kinder und Hausmärchen]] 』に、KHM53番、エーレンベルク稿(1810年手稿)では43番として収載されている。

話者は、「マリー」ことマリー・ハッセンプフルークである。

タイトル及び主人公の呼称の日本語訳名は「白雪姫」が一般的である。

しかし、Schneewittchenが“雪のように白い子”の意である事から、厳密に正確な日本語訳とするなら「雪白姫」が正しい。

因みに読みは「ゆきじろひめ」。

a テストあ gwhwhw

コメント